My Active Life

ヨギーニの日常

スリランカの少女

こんにちは、Minamiです。

フルーツ屋さんで出会った、心豊かな女の子の話しです。

 

夕方のランニング後は、帰り道にあるフルーツ屋さんでキングココナッツを飲むのが習慣になっている。この日は10歳くらいの女の子が店番をしていて、硬いココナッツをカットしてくれた。

f:id:minaminoshima37:20191209195241j:image

笑顔がとっても可愛かったので、少しだけ会話をする。英語は学校で習っていて少しだけ通じるので、質問すると恥ずかしそうに答えてくれる。ここのフルーツ屋さんは親戚のお店で、学校が終わった後に、小さな弟の面倒を見ながらお手伝いしているようだ。

 

ココナッツウォーターを飲み終えたら、ドライバーさんがバナナを勧めてくれた。スリランカはバナナの種類が豊富で、形や味がそれぞれ異なる。今からディナーなので遠慮したけれど、お店の女の子も「スリランカのバナナは美味しいよ」っと勧めてくれたので結局食べる事にした。ドライバーさんも1本食べたので合計2本。

 

お代を払うときに、勿論バナナのお代も払う必要があるのに、女の子はお代は要らないよっと言ってくれる。「スリランカのバナナは美味しいから、知って欲しかったの」っと結局受け取ってくれなかった。

 

学校が終わった後に友達と遊びに行かず、弟のお世話をしながら、裸足でお店のお手伝いをする。日本円ではきっと数十円のバナナ代だけれど、スリランカのこのフルーツ屋さんにとっては立派な収入だ。でも外国からきた私に対して、単純に美味しいバナナを食べて欲しくて勧めてくれた。

その気持ちと行動が嬉しくて、でも「Thank you」と言うことしか出来なくて、なんだか歯がゆかった。

f:id:minaminoshima37:20191209194055j:image

物理的に豊かではないかもしれないけれど、彼女は人に対する愛情が無条件に溢れていて、心はとても豊かだなっと感じた。きっと素敵なご両親に育てられているんだろうなっと思う。

私は見ず知らずの他人に対しても、愛情を持って接する事が出来るだろうか。見返りを求めず、相手が喜ぶような行動が出来るだろうか。

 

明日も明後日も、ここでココナッツを飲もうと決めた。

 

Negombo,Sri Lanka