My Active Life

ヨギーニの日常

アーユルヴェーダで怪我の治療

こんにちは、Minamiです。

肋骨の痛みが続いていたので、ドクターに相談してアーユルヴェーダの治療をしてもらいました。

 

肋間神経痛じゃないかと思っていて、とにかく大人しく過ごすように言われていた。私なりに大人しく過ごしているけれど、1ヶ月以上痛みが続いていて、なかなか良くならない。骨折の可能性もあるけれど、肋骨の骨折は安静にして治すしかないので、日本では病院にも行かなかった。

深い呼吸をするのも痛くて、歩いても響くし、もちろん捻る事も出来ない状態が続いていた。過去にも同じ場所を痛めた事があり、いつも左肋骨ばかり痛めていて癖になっているんだろうなっと思っている。最近はヨガの練習を控えめにして、呼吸も深くし過ぎないようにして、ようやく普通の生活が送れるようになってきていた。

 

けど痛みは継続しているので、アーユルヴェーダドクターに治療をしてもらった。

アーユルヴェーダの治療は、自然にあるものだけが使われる。病気はもちろん、怪我も西洋医学のような薬は使わない。

私の施術はとても簡単で、オイルを塗って、葉っぱを当てて、それをガーゼと包帯で固定したら終了だ。治療セットがとても可愛いくて、思わず笑ってしまった。3日間外さず過ごすようで、オイルを体に染み込ませるようだ。少し下から垂れてくる。シャワーは患部を濡らさず、浴びていいよっと言われたけど難易度高そう。

 

以前、捻挫をした時の治療もここではオイルだった。トリートメント中にも温かいオイルを塗ってもらい、後はとにかく動かさないでねっと言われる。

 

f:id:minaminoshima37:20191210143210j:image

 

結局シャワーでびしょ濡れになり、1日で外してしまった。3日後まで内緒にしておく予定。患部は少し痛みが引いたような、変わらないような。

きっとアーユルヴェーダの治療による回復はゆっくりだと思う。すごくすごくゆっくり。でも自然に沿った治療の方法で、全て口に入れても安全なもので治療してもらえる。

 

怪我は「休みないさい」というメッセージだとも言う。これを機に、いつもオーバーワークさせてしまう自分の体と向き合ってあげなきゃな。でもやっぱり、明日も思いっきり動きたい!!!!

 

Negombo,Sri Lanka