My Active Life

ヨギーニの日常

チャムンディヒル 〜早朝のワークアウト〜

こんにちは、Minamiです。

土曜日は練習がお休みなので、チャムンディヒルに登って日の出を見てきました。

 

朝5時半、毎週土曜日はチャムンディヒルへ行っているというベテラン2人がバイクで迎えに来てくれる。練習と変わらない時間帯で、まだ外は真っ暗。この時間に出発すると、ちょうど日の出が見れるのと、暑くないので登りやすいとのこと。

練習がないことと、迎えに来てもらえる(練習の朝は、暗い道を歩いて行くので警戒している)という気楽さでワクワクだ。

 

ホテルから10㎞弱の距離をバイクに乗せてもらう。バイクは危ないと思っていて、国際免許は取ってきたけれど自分では乗っていなかった。後ろに乗せてもらっていると、朝の風は冷たく、少し体は冷えるけれど、とても爽快な気持ちになれる。

 

6時前に到着して、階段の真下にバイクを停めたら早速登っていく。電気も無くて真っ暗だけれど、既に登り終えて降りてくる人とすれ違う。「毎朝仕事前に登ってから、出勤する人も多いよ」っと教えてもらう。途中、階段を使って腕立て伏せをしている人もいて、地元の人の早朝ワークアウトの場所にもなっているっぽい。

1000段の階段は、思っていたよりハードで息が上がる。元々マイソールの標高は760mと高いが、更に丘に登っているので空気が薄い気がする。途中、マイソールの街が見下ろせるスペースで休憩。まだ、太陽は昇っていなくて薄暗い。

f:id:minaminoshima37:20191217162510j:image

6時半に、チャムンディシュワリ寺院に到着。30分程度で登りきれるが、階段1段の高さが高い場所もあり、とてもよい運動になった。背中に薄っすら汗を書いている。 

この日は曇り空で、「朝日は見れないかも」と言われていたけれど、やっぱり見れなかった。また来よう。

 

まだ7時前なのに、いつの間にか地元の人や観光客が増えてきている。お寺は8時半から開くので、外から写真だけ撮影する。日中は暑いし、人が多くて混雑するので早朝がお勧めのようだ。日が昇るまでは暗いけれど気温が低く、空気も澄んでるのでとても爽やな気分になれる。

f:id:minaminoshima37:20191217162545j:image

帰りに2人の朝食に付き合って、ホテルまで送ってもらう。食堂のようなところで美味しそうなサンバル、チャッツネ、ワダ、イドゥリを食べていた。私はお腹が心配なのと、ホテルで朝食を準備してもらっているのでチャイだけで我慢。

 

帰ってシャワーを浴びても、まだ8時過ぎ。休日も早起きすると、得した気分。

明日から12月、私の練習も折り返し地点だ。

 

Mysore,India