My Active Life

ヨギーニの日常

ニゴンボのフィッシュマーケット

こんにちは、Minamiです。

隔離期間が終わり、外出できるようになりました。正直、隔離期間が足りないほど、あっという間の2週間でした。

 

 

 

 


先ずはニゴンボの街へ。通常ならビーチ沿いのこの街には、ヨーロッパからの観光客で賑わっているけれど、多くの飲食店や土産屋は閉まっている。いつもの交通渋滞もなく、車がとてもスムーズに進む。聞いてみたら、営業しているホテルも街で1カ所だけとのこと。

 

ただ地元の方はいつも通り、のんびり過ごしている。マスクをする文化のないスリランカ人だか、この街では約50〜60%の人がマスク着用していた。スリランカはワクチン接種も進んでいるようだ。

 

そして、ニゴンボのフィッシュマーケットへ。滞在中いつもお世話になっている、Karunakaralaのシェフに連れて行ってもらった。

f:id:minaminoshima37:20210425194018j:image
ニゴンボの港にあるフィッシュマーケットは、レッラマ(シンハラ語で小さな港)と呼ばれる。船から水揚げした魚を、市場を通さず販売できる場所だ。それぞれの漁師さんがブースを構え、一般人も購入できる。この日も地元の人たちで賑わっていた。


鮮魚は購入したら、マーケットの奥で捌いてもらえる。調理方法に合わせ、手際よく捌いている。

f:id:minaminoshima37:20210425194143j:image

f:id:minaminoshima37:20210425194117j:image

Karunakaralaのシェフも各ブースを周りながら、大量の魚を仕入れていた。『えらぶたの内側が赤いのは、新鮮な証拠だよ!』っと教えてくれる。

f:id:minaminoshima37:20210425194041j:image

海沿いには、大量の干物が。

f:id:minaminoshima37:20210425194549j:image

街から外国人は消えてしまい、少し寂しい印象。でも、地元の方は相変わらず、それぞれのペースで生活しているのを感じます。

 

Sri Lanka